岡山人妻風俗と男の価値

岡山人妻風俗などのお店に頻繁に通っている男は尊敬されます。
男の価値はどれだけ頻繁に風俗に行くかで決まります。
これは同じ男であれば誰もが共感することであり、「自分もしっかりと計画を立てて風俗に行かねば」と前向きな気持にさせてくれます。
その中でも非計画的に風俗に行くということが男の価値を高めます。
つまり「潤沢な予算があるので風俗に行く」ということではなく、「今月は給料が苦しいから食費を削って風俗に行こう」という考えで金を貯め、競艇に行って金をすったあとでそのままソープに行くという計画性のなさです。
これが男たちの間であなたを英雄たらしめているのです。
こういう破天荒な益荒男ぶりが男の間では人気を集めますが、女性からしたら無計画性に惹かれる人は少ないといえるでしょう。
なのでこの両性の評価の間で男性は苦しみ続けて風俗に通っているのです。

・取引先の関係者と一緒に風俗に行こう

取りに来先の人とともに風俗に行くとぐっと距離が近づきます。
どうしても仕事をとりたいと思ってもなかなか上手く行かない時は、その企業の人と一緒に風俗に行くのがいいです。
できれば彼を交えて乱交が望ましいですが、それを行っている風俗店はないはずなので、同じ店に行って楽しむということで距離は縮まります。
「あの店に行った時は楽しかったですね」「あの時僕が指名した女はとんでもないブスでしたよ」などと卑屈なことを言って仕事を取るのです。
風俗に一緒にいくと心理的な距離が縮まるのは間違いありません。
これを上手に利用できるのがよい営業ということになります。
風俗は大人の社交ツールであるという認識が必要です。

・馴染みの風俗店とは

馴染みになった風俗店では同僚を連れて行った時に大きな態度がとれます。
小料理屋などでも「いつもの」とか「適当に見繕って」などというと、本人は格好いいと思っても周りからはしらけられているわけですが、これは風俗店に行けば笑いに変わります。
「こいつはここまでこの店に馴染んでいて、どんな人生を送っているんだ?」ということです。
それが笑いになって入店~プレイがスムーズに行われるということです。
しかし馴染みだからといって客側は油断をしてはいけません。
中には平気でブスをつけてくる店もないとはいえないからです。
そのため風俗店とは適度な緊張感を保っているのが望ましいでしょう。
常に風俗嬢と真剣勝負をするのが真の風俗通であるといえます。
そして岡山人妻風俗では真剣勝負のできる女性も多いです。

関連記事

岡山人妻風俗と大和魂

倉敷人妻風俗と魔物

岡山人妻風俗と夜這い

岡山人妻風俗における体験

岡山人妻風俗と吟味すべきこと

岡山人妻風俗で計画的に遊ぶ