岡山人妻風俗と常連客

岡山人妻風俗などを利用する常連客は何を考えてどのくらいの頻度でやってくるどんな人達なのかを考えます。

まずかなり金を持っているから風俗に通ってくるという人たちがいます。単純に言えば大企業に勤務をしている/弁護士などの資格を持っている/儲かるグレー産業に従事していることが具体例として挙げられます。お金を持っている人は日中忙しくしている事が多く、性行為をしたいと考えていても特定の彼女を作るのに時間を取れないので、自分のペースで利用できる風俗店で発散しているというパターンがあります。この人達は風俗店にとっては最良の客であるといえます。お金を多く落としてくれる人が何度も通ってくれるほど儲かることはありません。そのためこの人達は最恵国待遇でお店からも風俗嬢からも迎えられます。少々態度が横柄であっても見返りが大きいので風俗嬢は傅くことが求められます。日本の風俗を土台から支えているのは彼らだといえるでしょう。

次に一般的な人が適度に風俗に通うということがあります。彼らは1ヶ月に最大二回程度通って発散しているわけです。ある地方都市のタクシーの運転手は「人生の楽しみは月に2回のソープ」といってインタビュアーを呆れさせていましたが、これが日本の性の現実であるといえるでしょう。そのためこの人達もいい加減に扱うことはできません。月に2回であってもそのお店で遊んでくれる人が20人程度いれば、それだけでお店の収入がある程度保証されるからです。この人達とは一期一会のようなもので、フリー指名や予約無しで入ってくることが多いです。そのようなときに「またこの店で性欲を発散したい」と思わせられるかどうかが試されているといえます。

最後に狂ったように風俗に行くという珍妙な連中がいます。彼らはお金がないくせに風俗に行くという破滅型と、風俗を自分の趣味としてそのために金を使っているという人がいます。彼らはマニアックであるという共通した性癖を持っています。お店でトラブルを起こすのはこのような輩であり、また独自の風俗ネットワークを持っているのも彼らであるといえます。彼らはメニューにない、もしくは誰も考えたこともない性的プレイを要求してきます。それに対応できるかであなたの風俗嬢としての資質が決まるといえましょう。少々のきついプレイは我慢して行うことが、岡山人妻風俗店などにとってはありがたいです。そして段々と強烈なプレイを繰り返す風俗で単価を高くして働くこともできるようになります。という話でした。

関連記事

倉敷人妻風俗と使用済み下着

岡山人妻風俗と吟味すべきこと

岡山人妻風俗とある男性の人生

岡山人妻風俗で計画的に遊ぶ

岡山人妻風俗のメンズエステ通い

岡山人妻風俗における体験