岡山人妻風俗と夜這い

日本における性教育は現在非常に曖昧です。日本では公的に性を語るときに直接的な性教育がなぜか避けられており、専ら男女が性行為について知るのは個人的に見ているAVなり友達や先輩からの情報提供だったりといった形になっています。
日本では小学校の道徳の時間だったり、中学・高校の保健体育の時間で主に教わります。しかし教科書の内容をマスターしたとしてもそれでセックスができるか、と言えば別問題です。正確なことを言えば、そこまで性教育の知識を教えるならば人形を使った実技などもすべきだというのが持論です。
また教育的にちゃんと性について教えないから皆AV等の過激なプレイがセックスの参考書になっていて、間違った認識で性を覚えてしまっています。そこから改めていくのが、日本の今後の性教育のあり方でしょう。それをしっかり覚えることで、岡山人妻風俗をより楽しむことができます。

そもそも昔の日本では「夜這い」という文化が地域でも時でも普通に行われていました。人妻風俗が盛んな岡山では、これに関連した有名な事件も起きています。これは10歳前後の少年少女が近所のおじさん・おばさんと初体験するという慣習で、いわゆる男女の肉体の相互交換のようなものです。
元々農村地帯では田植えの時期などに過酷な労働で疲れ果てた時に、笑って元気を出すために猥談をして、その際に夜這いの話をしたり、若者にあそこを触らせるなどの遊びが普通に行われていた。農村では13~15歳くらいになると若衆宿といういわゆる村の兵士役を任されるようになり、大体25歳くらいまでそこで共同生活を送り、村の手伝いなどをして大人になる教育を受けていた。若衆に入ると男たちは夜這いをすることになり、相手は後家が主でした。相手を選ぶクジを引いて、年長者が色々と夜這いの仕方などを教えて一緒に同行したり、1人で行ったりしたが、村によっては若衆に入ってから半年以上すぐには夜這いをさせないなど、その地域ごとによって慣習は細かく違っていた。この夜這いを体験した者は「やっぱり良かった」という声や、「つまらなかった」という者など賛否は分かれた。今の感覚ではあり得ない行為ですが、昔はこのような夜這いが存在したことで、性への教育は村単位で実体験的に行われ、性に対する正しい認識や若者の性欲解放に役立っていたようです。

それから江戸時代の法令で夜遊びや夜這いの禁止令が出てからは次第に夜這いというものがなくなっていき、戦後の1950年頃からは機会化や化学科によって第一次産業の位置づけが変わったことによって、このような宗教的・信仰的習慣は失われていった。
そして、昨今では渋谷のオナクラ遊びが増加傾向にあります。渋谷のオナクラには伝説のお店があるのでオススメなんです。