岡山人妻風俗における体験

「ピンポーン」とチャイムが鳴りおそるおそるドアを開けると、そこには夢にまでみた人妻風俗嬢が眩しいほどの笑顔で立っていたのです! フェミニンなフォルムが可愛らしい、ノースリーブのシフォンブラウスに大人の色気を感じます。「どっどうぞっ!」と、若干どもりながらも人妻風俗嬢を部屋に招き入れ、まずは料金17万円を支払います(どうせならと、結局120分コースを選択)。「人妻風俗嬢だよね?」思わず聞いてみると、「そうですよ。でも、プロダクション間の大人の事情でSって名乗れないんです」とのこと。ぼくは、今回の岡山人妻風俗をずっと楽しみにしていたことや、その人妻風俗嬢の作品は全て持っていること、センズリは人妻風俗嬢一筋ということなど、言わなくていいようなことを一気にしゃべりました。すると「本当ですか? 超うれしい♡」と恥ずかしそうに笑う人妻風俗嬢。やっぱり人妻風俗嬢は最高です。これぞまさに岡山人妻風俗。そんな雰囲気でプレイはスタートしていきました。

ツンと上を向く形の良い豊満なバストに滑らかな腰のくびれ、柔らかな曲線を描くヒップラインから流れる脚線美。まさにパーフェクトボディー、そんな言葉がピッタリと当てはまります。感度抜群の人妻風俗嬢は何度も絶頂を迎えました。例え演技であろうがなかろうが、そんなことは関係ありません。ぼくも人妻風俗嬢と同じ数だけ絶頂を迎えました。今までぼくが経験してきた岡山人妻風俗が、いかに陳腐なものか。つくづく実感させられてしまった、あっという間の120分間でした。これぞ岡山人妻風俗。これこそが岡山人妻風俗です。本当の意味で言うと、ぼくにとって今回が岡山人妻風俗初体験と言ってもいいと思います。やはり風俗でのサービスは値段に比例するものだと、つくづく感じてしまいました。プレイ終了後、人妻風俗嬢はぼくが持参したDVDにサインまでしてくれました。人妻風俗嬢が現役でいる以上、応援しようと固く心に誓ったのでした。

その後もずっと、人妻風俗嬢のペースでプレイは進んでいきました。シャワーを浴びている間も、ベッドに移動してからも、人妻風俗嬢のサービス精神に感服しっぱなしでした。もちろん、形良くダイナミックなバスト、柔らかな弧を描く腰のくびれ、そこから流れる妖艶でナチュラルな美しいヒップラインも見事だったのですが、人妻風俗嬢の「プロ意識」に、彼女自身が持っている本質というか、人間性が関係していると直感的に感じてしまいました。今回、岡山人妻風俗というものを初めて体験してみてわかったことは、岡山人妻風俗で働く女のコは、高級という名に相応しい女のコが在籍している、ということです。
少なくとも人妻風俗嬢は今までの風俗人生の中で最も優秀な女のコでした。人妻風俗嬢のリピーターとなってしまったぼくには、他の岡山人妻風俗のレベルがどの程度なのかはわかりませんが、幾度の大衆デリヘルよりも1回の岡山人妻風俗の方が満足度の高い優雅な時間を過ごせるということだけは断言できます。岡山人妻風俗冥利に尽きるといったところでしょうか。