岡山人妻風俗とある男性の人生

私が風俗を利用し続けてから今日までもうすでに20年の時が流れた。今年で40になる私は風俗にハマり過ぎてしまったがゆえに結婚適齢期を逃し、現在も独身街道ばく進中だ。しかし私は風俗と歩みを続けてきたこの人生を後悔しない。この先60歳や70歳になっても風俗を利用し続けているだろう。
そうもはや私は風俗を愛しすぎてしまったがゆえに結婚していると言っても過言ではない。世の中の夫が家族を養うためにお金を費やすのと同じように私も風俗が一生存続してほしいという願いを込めて家族に費やす分のお金をつぎ込んでいるに過ぎない。だからこそ週2回行く風俗の回数は決して多くはなく、むしろ家族であることを考えれば毎日会うべきであり少ない方だ。
先ほども言ったが私は風俗と結婚したようなものであり、とあるデリヘル嬢を愛しているとか、同じ風俗店に通い続けるとかそういうことではない。つまり毎回毎回行く風俗のお店も女の子も異なっており、ソープのような挿入がある風俗も行けば、ボーナスが出れば高級デリヘルのような料金の高い風俗も行くし、ヌキのないセクキャバで巨乳を楽しむことだってある。それらをソープ→デリヘルorホテヘル→ピンサロ→デリヘルorホテヘル→セクキャバ→デリヘルorホテヘル→ソープのように一生終わることのない風俗の無限ループに私はいる。
デリヘルやホテヘルを2回に一回行く、つまり一週間に一回必ず利用している理由は単純に店舗数の多さというのもある。年間で50店舗以上デリヘルやホテヘルを利用できる計算なのだが、無尽蔵に増え続けるデリヘルは年間50店舗以上も新規開店しており、私が死ぬまでに全店舗を制覇することは不可能だろう。だけど…だからこそ私は一生飽きることなく風俗を利用できるのであり、様々なシチュエーションやコスプレが毎週のように増えるデリヘルを私は特に愛している。
そんな私のホテヘルの楽しみ方は写真指名をするのではなくフリー指名を利用するということ。フリー指名をすると店員は若い男の人には若い女の子、歳を重ねた男には少し年取った女の子をあてがう傾向にあるのだが、私は全国の風俗店で写真が流布されているほどの業界人であり、私が来店すると皆一同に背筋を伸ばして私に挨拶をしてくる。そして、私がフリー指名してもご機嫌を損ねないようにしようと必ずお店のナンバーワンの女の子をつけてくれるのだ。
岡山人妻風俗の中にも、こういった良い対応をしてくれるお店も少なくない。